ゴロリ旅

関西在住のゴロリが、ゴロゴロしながら海外旅行を中心とした役立つ旅情報をお伝えします。旅行は準備が面倒だから、海外に行くのは不安という方も多いはず。ですが、ありきたりな日常から離れて、新たな経験や見たことのない風景と出会うのが旅の醍醐味です。人生には旅が必要です。旅が人生を豊かにします。このブログでは、頑張らずにゴロゴロしながら旅の計画を立てて、充実した人生を送るための方法をお伝えできればと思います。

ゴロリ旅・上海2

こんにちは、ゴロリです。

上海第2回目です。

 

これは、外灘(地名)です。

川向かいが、浦東(プドン)エリアです。

東方明珠塔が特徴的なので

写真でも見たことがある方も多いと思います。

f:id:gorolitabi:20190416221534j:image

洋館建築群はだいたい銀行です。

f:id:gorolitabi:20190416221539j:image

 

こちらは夜の浦東。

キレイです。

iphoneの夜景カメラというアプリで撮影しました。

夜撮カメラ -  夜景の撮影に最高のカメラアプリ

夜撮カメラ - 夜景の撮影に最高のカメラアプリ

  • Studio ra,labo.
  • 写真/ビデオ
  • 無料

 

f:id:gorolitabi:20190416222131j:image

洋館の方もライトアップされます。

f:id:gorolitabi:20190416222419j:image

 

外灘から浦東へ行くには地下トンネルを通ります。

f:id:gorolitabi:20190416222818j:image

乗り物に乗って、移動します。

ただ乗っているだけでなく、光や音で楽しみながら行けます。
f:id:gorolitabi:20190416222823j:image
f:id:gorolitabi:20190416222814j:image

浦東にあるいくつかのタワーの展望台とセットのチケットがあるので

お得に周れます。

 

私は上海タワーに上りました。写真の右側。

f:id:gorolitabi:20190416223318j:image

上からの景色。
f:id:gorolitabi:20190416223305j:image

 

夜景を見た日はツイてたので

天気も良く、ガスはなかったです。

ゴロリは香港の夜景の方が好きですが^^;

 

上海は治安は良いように感じました。

ただ、地下鉄に乗る時はいつも荷物のセキュリティーチェックがあります。

小さいショルダーバッグなどは通さなくて良いですが、

リュックサックや大きいバッグはチェックの機械に通します。

 

地下鉄も整備されているので、観光地を周るのは簡単です。

ICカードの上海公共交通カードは便利ですが

現金でチャージできるのは一部の駅だけです。

どの駅にもチャージ機は設置していますが、

銀聯カードかアリペイでのチャージしかできません。

 

龍陽路駅は現金でチャージはできました。

(2019年4月12日の情報です)

お気をつけください。

 

次回は目的のF1観戦について書きます。

お楽しみに!

ゴロリ旅・上海1

こんにちは、ゴロリです。

ブログが止まっておりましたが、

実は先週末から上海に行ってました。

目的はF1上海グランプリの観戦です。

 

レースの合間に観光もしました。

観光はガイドブックにも載っている

メジャーな場所しか行っていません。

観光とF1観戦についてを

何回かに分けてお伝えしていきます!

 

まずは「田子坊」。

地下鉄の駅からすぐで、アクセスも良いです。

おしゃれスポットとのこと。

 

細い路地を入っていくと、お洒落なお店が並んでいます。

f:id:gorolitabi:20190416215445j:image

謎のスポンジ・ボブ

現代アート
f:id:gorolitabi:20190416215522j:image
f:id:gorolitabi:20190416215505j:image

ランタンが良い感じ。
f:id:gorolitabi:20190416215514j:image
f:id:gorolitabi:20190416215441j:image
観光客だけでなく、地元の方らしき人達もたくさんいます。

若者が多いですが、ご年配の方もよく来ていました。

f:id:gorolitabi:20190416221133j:image
f:id:gorolitabi:20190416221137j:image


f:id:gorolitabi:20190416215518j:image
f:id:gorolitabi:20190416215448j:image
f:id:gorolitabi:20190416215502j:image

 

女性ならショッピングやカフェ巡りに最適ですね。

ゴロリは男二人だったので、ブラブラするだけでした。

続く。

 

海外旅行でスマホを使うには1

こんにちは、ゴロリです。

今回から海外でスマホを使うには、について書きます。

選択としては、

・SIMを変える

・ポケットWi-fiをレンタルする

・携帯電話会社の海外定額プランを使う

になります。

 

「この国ではこのSIM /ポケットWi-fiがオススメ」というのは、

他の方のブログの方が詳細を書かれているので

行き先別にそちらを確認して頂ければと思います。

 

ゴロリは経験して分かった事を書いていきます。

 

<SIMを変えるメリット>

・荷物が軽くなる

・料金が安くつくことがある

 

<SIMを変えるデメリット>

・自分の電話番号が使えない

・日本で買って持って行った場合に稀に使えないことがある

 使えない理由は、周波数の問題と、不良品の場合がある

・日本で使っているSIMを失くす可能性がある

 

<ポケットwi-fiのメリット>

・日本の電話番号がそのまま使える

スマホ側の設定が簡単

・旅行先を指定して使うので、圏外になりにくい

 (山奥やド田舎は分からないですが)

 

<ポケットwi-fiのデメリット>

・費用が高くなりがち

・充電が必要

・充電の消耗が早い端末がある

 レンタルwi-fiの場合、ものによりますが

 たくさんの人が使っているので充電の消耗が早いように思います

・付属品諸々が荷物になる

 

<海外定額プランのメリット>

・設定が簡単

 

<海外定額プランのデメリット>

 ・料金が高くなる

・電波状況が良くない場合がある

 

と、このようにどの方法にもメリットデメリットがあります。

ゴロリはSIM交換派なので、海外SIMについて続けます。

 

ポケットWi-fi /海外定額プラン派の方はこれ以上お伝えする情報がありません、、、。

すみません、、、。

 

---------------------------

まずSIMカードを変更して海外で使用する場合に気を付けたいのが、

周波数についてです。

この記事が詳細に載っているので読んでみてください。

 

この記事にも書いてありますが

日本のメーカーのスマホよりiphoneの方が良いです。

あとはgalaxyですかね。

 

ゴロリ妻は以前、日本メーカーのAndroidスマホを使っていましたが、

ハワイに行く時にSIMの周波数が合わない問題があり

ポケットwi-fiをレンタルしないといけなくなりました。

そういったことがあり、iPhoneに変えました。

 

その後色々調べたら、ヨーロッパ旅行で使ったthreeというメーカーのSIMが

ハワイ(オアフ島)で使えると分かり、

次にオアフ島に行った時にダメ元でthreeのSIMを使ってみると

オアフ島の街中なら問題なく使えたようです。

 

このthreeのSIMはヨーロッパに行った時に

日本メーカーのAndroidスマホで使用していて、

使用期限が残っていたので再利用していました。

ちなみにハワイでのスマホiphoneです。

 

妻のパターンから

threeのSIMはiphoneでもAndroidでも使用できると分かりました。

 

 threeのSIMについてはこちらに詳細を書いてくださっています。

ヨーロッパに行かれる場合はthreeがオススメです。

オアフ島でも使えます。

 

周波数は大丈夫だけど、日本で買った海外SIMに不具合があり

使えなかったこともあります。

有効期限が残っていたはずなのに

なぜか現地で開通できませんでした。

 

そのメーカーの通信会社に行って調べてもらうと、

「期限が切れている」と言われました。

その場で新しいのを買って、

日本で買った分は後日返金してもらいましたが

こういったトラブルもありました。

 

回避するには、日本で買わずに現地の空港でSIMを買って、

その場でセッティングしてもらうのが

スムーズかもしれません。

 

ただ外国語が話すのが苦手だったり、

SIMを買うのに時間がかかる、

到着して即スマホを使いたいなら

日本で準備して行く方が良いでしょう。

 

次回は通話ができるSIM/できないSIMについて

ゴロリの経験を書いていきます。

 

ゴロリ旅の持ち物・女性編

こんにちは、ゴロリです。

女性編の持ち物について書きます。

妻にインタビューしたので、それをまとめました。

 

Q1.着替えはどのくらい持って行く?

A)洗濯をするので最小限です。

オススメは紙パンツ。捨てて帰れます。

服は軽くてすぐ乾く素材のものしか持って行きません。

 

重くても着たい服がある場合は着て行って、着て帰るようにしています。

かつ、旅行中にも着るようにコーディネートを調整します。

 

暖かい土地に旅行する場合は、機内が寒いことを考慮して

現地で着る服を重ねて着て行きます。

寒いのが苦手なので、少し暑いくらいがちょうどいいです。

 

最近の服のパターンは、

行きと帰りはパンツを履いて、トップスは旅行中に着るワンピースを重ねています。

 

夫と同じく、日本で着ない服を捨てます。

服や下着だけでなく、ハンカチ、水着、靴やバッグも捨てたことがあります。

 

Q2.服装のこだわりは?

A)デニムは履かない。重いし固くて機内で苦しくなるので。

雨が振ったら乾きにくい。デニムをオシャレに履きこなす自信がない。

 

あとは行き先に馴染むようにしています。

例えば、東南アジアの街中は都市化が進んでいるので、

リゾートで着るようなデザインの服は目立つので着ません。

 

民族系のデザインも、

どの民族のものか、その土地と対立している民族のものでないかなど

配慮する必要があるのではと思って

そのような服はやめました。

日本で着る分に関しては、問題無さそうですが。

 

ヨーロッパに行く場合はきちんと見える服やワンピースを着る。

レストランやカフェできちんとした扱いを受けたいため。

 

ハワイでは老若男女、短パンとTシャツの人が多いので

高級な場所に行く場合以外は

かしこまった服装は逆に目立つと思っています。

 

Q3.こだわりの持ち物は?

A)パタゴニアのポケッタブルのジャケット

少々の雨なら合羽変わりになるし、寒い機内やバスでもどこでも着られるので重宝しています。

 

バッグやネックウォーマー、旅行用の財布は夫と兼用です。

ゴロリがオススメする旅アイテム1<バッグ> - ゴロリ旅

ゴロリがオススメする旅アイテム2<小物> - ゴロリ旅

うちにはネコがいるため、今は二人で旅行することはありませんので

問題ありません。

 

バッグがPatagoniaなので、旅行に使いたいアイテムや服を探す時は

まずはPatagoniaで探します。

 

Q4.女性ならではというポイントは?

A)化粧品では、クレンジングと洗顔ファンケルの使い捨てを持って行きます。

 

基礎化粧品は無印良品のオールインワンです。

普段は別のものを使っていますが旅行中はこれにしています。

テカテカに塗れば、ホテルでの乾燥も防げますよ。

 

メイク道具は持って行かずに

日焼け止めと口紅だけで終わらせたいのですが 

童顔のためメイクをしていないと締りがなさそうに見えます、、。

大人なのでメイクした方が良い場合もあるので

かさばっても持って行きます。

 

Q5.ガイドブックはどうしてる?

A)よく購入するのはarucoシリーズです。

旅行中はよく歩くのでコンセプトと合っているかなと思います。

小さいので紙の本のまま持って行きます。

 

一度行った所はだいたいの土地勘があるのでガイドブックは買わず、

ネットで情報収拾してグーグルマップにポイントを付けて行きます。

 

ハワイは新スポットや新しいお店ができるので

薄くて情報が多いガイドブックを買います。

 

Q6.持ち物に関して思いを聞かせてください。

A)いつも思うのが、

当たり前ですがお金を出せば出すほど、

荷物は少なく旅行ができますね。

ビジネスクラスだと枕があるので、

ネックウォーマーやフットレストは要りませんし

良いホテルに泊まると歯ブラシやスリッパ、寝間着は付いています。

(最近は歯ブラシがない所もあるようですが)

 

反対にゲストハウスに泊まって安く抑えようとすると

タオルとか持って行かないといけないし

荷物が増える傾向にあるなあと思います。

 

荷物が少なくても、多くても

その人が気分良く旅行できれば正解はないと思います。

でも、荷物が重いのを解消したいのであれば

少なくする方法を考えた方が良いです。

 

私も基本ゴロリなので、肩肘張らず頑張らず

無理をしない旅行になるようにしています。以上

 

妻とのやり取りをまとめました。

女性の方の参考になれば嬉しいです。

では、また次回!

ゴロリ旅の持ち物・男性編

こんにちは、ゴロリです。

今回は旅に持っていく荷物についてです。

 

<着替え>

着替える服や下着は洗濯する派なので、

3泊以上の旅行なら

基本は着て行く服プラス2日分です。

 

現地で着て捨てる服や下着があれば、

その分少し重くなりますが持って行きます。

ちょっとヨレたTシャツや下着、

穴が空いてる靴下は持って行って捨ててきます。

 

日本で着なくなった服も、現地で着て捨てる時もあります。

ゴロリは「旅行でも最高のオシャレを」をモットーにしているわけではないので

変じゃなかったら良いかと考えています。

旅行では風景は撮りますが、自分を写すことはないですし。

 

<電気シェーバー>

ゴロリが荷物で譲れないのは電気シェーバーです。

普段からシェーバーを使っているので、1泊でも持って行きます。

妻には、「T字カミソリでいいやん」と言われますが、

快適な旅のためにシェーバーは必須です。

この商品は電池式なので、電源を確保しなくても良いのが購入の決め手です。

バッテリー式だと電池の寿命が来ると使えなくなり、

旅行先で使えなくなるのは辛いです。

電池はどこでも買えるのでオススメです。

 

<オールインワン化粧水>

そして、女子力が高いわけではありませんが

髭剃り後に乾燥しないためにオールインワンの

化粧水を持って行きます。

一日中外にいることもあるので、大事かと。

100mlで機内持ち込みも可です。

 

最近は男性の基礎化粧品も多く出ているので

ご自身に合った物を使ってもらえばと思いますが、

詰替容器に洗顔クリーム、化粧水、クリーム・・と詰め替えるのが

面倒な方はオールインワンをオススメします。

 

<ガイドブック>

以前はガイドブックを買って持って行っていましたが、

最近は電子書籍に入れてスマートフォンで見ています。

電子書籍だとどのページを見ていたか忘れたり、

情報をサラッと流してしまうので

紙の本があった方が良い時もあります。

 

今はネットで情報が得られる時代なので、

無くても何とかなりますが

知らない土地では、大きい地図が付いているガイドブックがあると

位置関係が分かりやすくて良いと思います。

 

とはいえ、海外の街中でガイドブック見ながら

ウロウロというのは防犯上としてもあまりオススメしません。

 

<その他>

海外で基本的に必要な持ち物は、他のブロガーさんが書いてくれているので

そちらでご確認いただければと思います。

 

他の方があまり書かれていない物としては、

割り箸とフォーク・スプーン(スーパーやコンビニでもらえるやつ)、

スーパーのビニール袋、チャック式のビニール袋、

ポケットティッシュです。

常にカバンのポケットに入れています。

 

海外では日本のように気軽に買えない場合があるので入れています。

購入できてもスーパーで大量に入っている家庭用になってしまうことも。

上記はどうせ自宅で余っているなら入れておこうという感じです。

 

カトラリーはホテルの部屋で食べる時に使います。

ビニール袋は洗濯物を入れたり、買ったものをまとめたり

結構便利です。

 

ポケットティッシュは入れっぱなしでも問題ないですが

ウェットティッシュは乾燥するので、

旅行の度に買って、余ったら日常生活で使っています。

 

次回は女性編ですが、妻に助けてもらって書きます。

お楽しみに。

 

 

ひとり旅のススメ5<総括>

こんにちは、ゴロリです。

総括というほどではないですが、、。

やっぱりひとり旅が好きな理由を書きます。

 

ひとり旅のメリットは、

誰かにスケジュールを合わせる必要なく、

自由に旅に決定ができるところです。

 

デメリットは、

食事のメニューがたくさん食べられない

旅行料金が割高になる

です。

 

ひとり旅は、実はデメリットの方が多いです。

ですが、ゴロリは誰かや何かに制限されるより

自由なひとり旅を選びます。

 

デメリットで挙げた項目は、お金があれば全部解決します。

たくさんメニューが食べたければ、

料金は全額払うけど量は少なくしてとお願いできます。

フードコートが混んでれば、チップが必要でも

座席に案内してくれるレストランに入れば良い。

ツアーも一生に絶対行きたい・見たいものなら二人分払えば良い。

 

けれども、一緒に旅行する人がいれば

(当たり前ですが)その人の意思や要望も聞く必要があります。

100%自由気ままという旅は難しいでしょう。

そういった理由で、ゴロリはひとり旅に行きます。

時々は誰かと旅行しますが。

 

一人で旅の計画をするのは難しいという方は

旅行代理店に行ってください。

人と話すのが面倒な場合は、家でゴロゴロしながら

予約サイトを見て予約をしてください。

今は本当に便利な世の中です。

 

ひとり旅で一番恩恵を受けられると思うのが、

ホテルの部屋で洗濯をする時です。(マイナーポイント・笑)

海外のホテルはだいたい二人分のタオルが用意されています。

部屋で洗濯した際に

タオルとハンガーが2人分使えるのはとても快適です。

 

手洗の場合、脱水のためタオルに巻いて水をタオルに吸わせます。

こんな感じですね↓

タオルがたくさんあると助かります。

 

一人ならハンガーも使いたい放題ですし、

部屋中に洗濯物を干しても誰も文句は言いません。

洗濯ロープは持って行きませんので、

ハンガーが引っ掛けられる箇所はどんな所でも使います。

 

古いホテルは、ハンガーがクローゼット以外に掛けられないように

なっているのでホテル選びでチェックします。

折りたためるハンガーも売っていますが

なるべく荷物は少なくしたいので

新しいホテルを選びます。

 

一番乾くのは、◯◯◯◯の△に掛けるとよく乾きます。

妻がこの場所を発見しました。

ホテルで洗濯をする人にはメジャーな場所かもしれませんが、

ここでは書けないですね・汗

洗濯で室内を壊したことはないので、大丈夫ですけど、、、。

また、洗濯を干すと部屋の乾燥が防げるので、一石二鳥です。

 

総括と言っておきながら、

ひとり旅は自由で気楽で、ホテルで洗濯がしやすいという

まとめになりました・笑

ひとり旅のススメ4<手配・個人予約>

こんにちは、ゴロリです。

今日は個人予約について書きます。

 

個人手配のイメージは、

・面倒

・予約ができるか心配

だと思いますが

今はパソコンやスマホのアプリから簡単に予約ができます。

ソファーでゴロゴロ、飛行機もホテルも予約もできるのは

誠に有難い世の中です。

 

セールの情報も直接知ることができるので

パッケージツアーと違って、

金額を極力抑えることも可能になります。

(逐一セールや料金変動をチェックしないといけないため、手間はかかりますが、、、。)

 

個人手配にも、ホテルや航空会社から直接予約する方法と

予約サイトを利用しての予約があります。

航空券やホテルの予約に関しては、

以前にも書いた通りひとりっぷさんを参考にすることが多いです。

基本の予約方法は

ゴロリがどうのこうの書くより、

書籍をご一読いただく方が分かり良いかと思います!

 

さて、ゴロリがよりゴロゴロしながら予約ができると思っている方法があります。

それは、エクスペディアのセット割りです。 

エクスペディアでは、飛行機とホテルを予約すると

割引きになるプランがあります。

アプリでは出発日=チェックイン日の条件でしか予約できませんが、

パソコンからでは、(アプリでもできるようになりました。2019/4/10修正)

出発日=チェックイン日でなくても

飛行機とホテルが別々に予約することもできます。

これはゴロリがよく利用している深夜便の予約が可能ということです。

 

ですが、

航空券だけ予約して後からホテルを予約しても

割引になるアドオンというサービスもあるので

とりあえず航空券だけでもという方法も取れます。

 (ゴロリは面倒なので飛行機とホテルは同時に予約したい派です。)

 

航空券のセール情報も反映されているので、

いちいち航空会社のHPを確認しなくても大丈夫かと思います。

(金額が気になる方は確認してください。)

 

セット割では、基本は行きと帰りは同じ航空会社を

選択することで割引されているように感じます。

帰国日に就航便がない場合は別の航空会社が出てきますが

当然、追加料金が発生するので割引感は薄くなります。

 

また行き先によっては、時間をかけて経由する飛行機を選ぶと

表示価格より安くなります。

 

この前迷ったのが、バンコクに行くためにセット割の予約を見ると、

香港経由で行った方が安くなるプランがありました。

香港では半日ほど乗り継ぎ時間があったので

香港観光もできるなあと思いましたが、

帰りもそのルートじゃないとお得感がない金額だったのでやめました。

 

ゴロリは旅行で空けられる日にちが決まっていたので見送りましたが、

時間と体力に余裕がある方は数カ所を経由するプランを

チャレンジされてみても良いかもしれません。

 

セット割は同じ航空会社の往復券を購入することが前提なので

マイルを使って予約する場合や、片道切符を予約したい人向けではないです。

 

ゴロリはマイル修行という言葉には無縁で

さくっと予約ができたり、その時割引がある方を選びます。

ゴロリは基本ゴロゴロ、楽チンであることを第一としているので

マイルに詳しく、取得に関して行動されている方には本当に脱帽しますm(_ _)m

 

セット割で予約をした場合でも、

飛行機の座席指定や食事リクエストは

航空会社のHPにて直接できます。

エクスペディアからの予約完了のメールに、

航空会社の予約番号が記載されているので

それを入力すればオッケーです。

 

また個人手配の旅行では、空港からホテルまで辿り着けるかが

一番の課題かと思います。

行ったことがある都市や、街中まで公共交通機関がきちんとしている場所では

困ることはありませんが

そうでない場合はタクシーに乗るか

送迎サービスを追加で申し込むかになるでしょう。

高級リゾートホテルなどは空港送迎サービスがあるようですが、

ゴロリはまだその経験がありません。

 

送迎サービスもエクスペディアで予約することが可能です。

トップ画面→現地ツアー→空港送迎

で検索できます。

ですが、自分が止まるホテルをそのまま検索条件に入れても

送迎対象外の場合があるので

近くに有名なホテルがあればそれを入力した方が良いです。

 

ゴロリの経験では、

ハワイのワイキキ・ビーチコマーbyアウトリガー(地図のピン)に泊まるので

これを検索に入れましたが「結果なし」と出ました。

なので、近くのシェラトンプリンセス カイウラニを条件に入れ直すと出てきました。

民泊やゲストハウスで宿泊される場合は、

地図とにらめっこして有名ホテルを探して指定ください。

f:id:gorolitabi:20190327221622p:plain

当然、送迎場所はこのホテルになるので

泊まるホテルまで移動しなければなりません。

話は逸れますが、ゴロリが予約した時のビーチコマーの金額は

こんなに高くなかったです・汗

 

この送迎はVIP Transportationという会社で、

トリップアドバイザーでも予約できますが

エクスペディアの方が安かったです。

※2019年3月27日現在

 

送迎サービスは、オプションツアーサイトの

ベルトラやその国や地域での旅行代理店でも予約ができます。

日本語HPがある会社なら予約がしやすいですね。

 

uberやGrabなどの配車サービスが利用できる国もありますが、

それはまたの機会に書きます。

 

エクスペディアではラインの友達登録をすると

クーポンがもらえたり、セールの情報を受け取れます。

今の時代のサービスですね。気になる方は登録を。

 

次回はひとり旅の総括について書きます!